更年期サプリ口コミおすすめ比較サイト【ダルナシ】

更年期はいつから始まる?原因や症状を知ってセルフチェックしてみよう

更年期が始まる年齢とその原因をチェックすることが更年期対策の第一歩

「更年期」とは、女性の場合、閉経をはさんで前後10年ほどの期間を指します。
この間に生じる自律神経や精神の不調によって起きる不快症状を「更年期障害」と呼びます。

日本人女性の閉経の平均は50.5歳ですから、一般的には45歳から55歳くらいの年齢が更年期に当たるといえます。

もちろん更年期が始まる年齢には個人差があり、5%の女性が40代にさしかかった頃に生理不順を経験するようになります。

更年期が始まる年齢の頃になると、卵巣の働きが衰え、女性ホルモンのエストロゲンが次第に減少し、身体が閉経に向けての準備を始めます。

このエストロゲンの減少によって、身体や心に様々な症状が現れ、その症状を更年期症状と呼ぶのです。

現代の日本人女性の平均寿命はだいたい85歳。
50歳で閉経すると考えると、およそ30年もの間を、女性ホルモンのエストロゲンが不足した状態で過ごすことになります。

エストロゲンは生殖機能だけでなく、血管や脳、骨など、身体にとって大事な作用を持っています。

更年期以降の人生を健康に過ごす。
このことが、現代を生きる女性たちのテーマであるといえるでしょう。

更年期のような症状が20代や30代の若い年齢でも現れるというのは本当?

20代や30代の女性でも、気分のイライラや冷えのぼせ、ほてりというように、更年期のような症状が現れることがあります。

これは「プレ更年期」や「プチ更年期」等と呼ばれるものです。

年齢としては更年期ではないものの、これらの症状は更年期と同じ、卵巣機能が低下してエストロゲンが減少することによって起こります。

原因はストレスや不規則な生活、過酷な労働環境などにさらされ、自律神経の機能が乱れてしまうこと。
エストロゲンの分泌が低下し、更年期に似た症状が現れるのです。

更年期の年齢になると生理に影響が現れて不快な症状が出ることがある

更年期にあたる45歳から55歳くらいの年齢になると、生理周期がこれまでより長くなったり短くなったりといった変化が身体に現れます。
人によっては不正出血があることも。

これらの月経異常は更年期の初期に多く見られます。

そのほか、のぼせやほてりなどホットフラッシュ症状やイライラや憂鬱などの精神的な症状などが出ることもあります。

更年期の中期から後期になると、頻尿や尿漏れなどや筋肉量の低下による肩こりや筋肉痛など、症状にも変化が見られるようになります。

投稿日:

更年期サプリ おすすめ TOP

Copyright© 更年期サプリ改善ガイド【ダルナシ】 , 2019 All Rights Reserved.