更年期サプリ口コミおすすめ比較サイト【ダルナシ】

更年期は男性の方が深刻な可能性も!心身症状や治療に向けての方法をご紹介

更年期の男性版はLOH症候群と呼ばれるがどのような症状が現れるのか

男性の更年期障害が起こる時期は40歳以降と考えられています。
ただし男性の場合、女性の更年期以上に個人差があり、40歳以降であればどの年代でも更年期症状が現れる可能性があります。

男性の更年期障害は「加齢男性性腺機能低下症候群」または「LOH症候群」と呼ばれます。

その症状は身体から精神まで多岐にわたります。
具体的にどのような症状があるのか見てみましょう。

・身体症状
性機能低下・勃起不全(ED)・頻尿・疲れやすい・肥満(太りやすい)・糖尿病・高脂血症・夜間頻尿・発汗・ほてり・筋肉痛・関節痛など

・精神的症状
意欲の低下・イライラ・抑うつ・不眠・不安・認知能力の低下・集中力の低下など

これらの症状があらわれており、病院でも特に異常がないといわれた時には、男性の更年期である可能性が考えられます。

更年期が男性に現れるのは男性ホルモンであるテストステロンの低下が原因

男性の更年期症状は、男性ホルモンのテストステロンが加齢によって減少することが原因です。

男性ホルモンであるテストステロンは、全身に作用し、性機能を保つほか、筋肉や骨、また理解力や判断力を高めるなど、様々な役割を担っています。

テストステロンの分泌は20代をピークに徐々に減り始め、50歳ごろになるとピーク時の半分ほどまでに低下してしまいます。

55歳から65歳で更年期症状が現れるのが平均的ですが、中には30代で更年期障害が現れる人も。
これはストレスが引き金になっていることが多いといわれています。

40代や50代になると、会社で責任のある立場に置かれる人が多くなります。
仕事のプレッシャーに加え、家庭内での不和などで大きなストレスにさらされることも少なくありません。
もともとストレスを感じやすい性格の人もいるでしょう。

これらの環境に加え、テストステロンの減少、さらに強いストレスを受けたことなどが引き金となり、更年期症状が現れることがあります。

一説によると、身体を使う職業よりも、デスクワークの人や管理職の人に症状が出やすい傾向にあるとも言われています。

更年期症状の男性が相談すべき診療科や治療法についてをチェック

更年期が疑われる症状が出た男性は、泌尿器科に相談するとよいでしょう。

そのほかに、男性更年期外来やメンズヘルス外来などといった専門の外来を設置している病院もあります。

医療機関では問診と血液検査によって更年期の診断が行われます。

血液検査では血中の男性ホルモン値を調べ、フリーテストステロンの値が8.5pg/mL未満であり、さらに心身の不調症状が強い場合、更年期障害と診断されます。

ちなみにテストステロンは、起床時から午前11時をピークに分泌されるため、午前中に受診するとよいでしょう。

治療は症状の重さによって異なります。

症状が軽い場合は漢方薬や症状に応じた薬が処方されます。

症状が重い場合には、男性ホルモンを補充する治療が行われます。

現在では、テストステロンの駐車を2週間から4週間のペースで1回注射する方法が保険診療として認められています。

この治療を3か月ほど行って効果がない場合は、1年をめやすに治療を継続します。

約6割の更年期患者に効果が見られますが、それでも効果が見られない場合は、うつ病などほかの病気の可能性も疑いながらの治療が検討されます。

投稿日:

更年期サプリ おすすめ TOP

Copyright© 更年期サプリ改善ガイド【ダルナシ】 , 2019 All Rights Reserved.