更年期サプリ口コミおすすめ比較サイト【ダルナシ】

更年期と漢方薬は相性が良い?効果や副作用など気になるポイントをご紹介

更年期と漢方薬の相性は?東洋医学における更年期の考え方と治療法

更年期という言葉は古くからあった概念ではありません。
しかし、加齢によって訪れる身体や心の変化や、変化によって起こるさまざまな不調に関しての治療は古典の時代から行われてきました。

更年期は、検査を受けても病的な異常は内ものの、本人にとってはつらい症状が続きます。
これらの不定愁訴の治療には、漢方は大変相性が良いといえるでしょう。

漢方では、「気・血・水(き・けつ・すい)」という考えに基づいて不調と対峙します。
気や血、水の流れに滞りや異常が生じることで不快な症状が生じると考え、それらの異常を改善する漢方薬が処方されます。

漢方薬が更年期症状に対してメリットが大きい理由のひとつに、「複数の症状に対して効果が期待できる」ことが挙げられます。

漢方薬は単に症状を抑える薬が処方されるのではなく、その人の持っている体質などに応じた処方がなされます。

体質と処方された漢方薬がぴったり合致すれば、更年期のつらい症状によく効くでしょう。

更年期の症状に対して用いられることの多い漢方薬についてご紹介します

更年期に処方される漢方薬は、症状や処方される人の体質などによって異なる場合もありますが、ここでは更年期症状に処方されることの多い漢方薬とその効能についてご紹介します。

・加味逍遥散(かみしょうようさん)
体力があまりない人にも処方されます。
肩こりやのぼせ、疲れやすいなどの身体的症状から、イライラや不安、不眠などの精神的な症状まで幅広く対応します。

症状が安定せずに、コロコロと変わる人にもおすすめです。

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
比較的体力がある人に処方されます。
頭はのぼせて足元が冷えるなどの症状がある時に有効です。

主に効能を発揮するのは、冷えのぼせや頭痛、肩こり、めまい等です。

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
体力がなく虚弱な人に処方されます。
獅子の冷えや貧血の気があったり、疲れやすさや頭が重いなどの症状に有効です。

更年期症状に漢方薬を服用することへの副作用の危険はある?

一般的に、西洋医学で処方される薬に比べて、漢方薬の方が身体に優しく副作用が少ないというイメージがあるのではないでしょうか。

確かに漢方は自然由来のものを原料としていますが、漢方薬も薬のひとつであることに変わりはありません。

副作用が現れるケースは少ないものの、体質に合わない場合には以下の症状が出る場合があります。

・胃腸障害
・肝機能障害
・血圧上昇
・むくみ
・間質性肺炎
・ナトリウムやカリウムなどの電解質異常
更年期の症状に漢方薬を用いるときには、医師や専門家にまず相談するのが安心です。

もし服用して体調がおかしいと感じることがある場合には、すぐに医師や専門家に問い合わせましょう。

男性の更年期症状に用いられる漢方薬と対応する症状をご紹介

漢方薬は、男性の更年期症状の治療にも用いられることがあります。

この項目では、男性の更年期症状それぞれに対応した漢方薬をご紹介します。

・イライラ・不安などの抑うつ状態
ストレスが原因となって肝気うっ血が起きたことによると考えられるもの、また、この症状が進行して性機能低下が起こっているような場合に用いられる漢方薬はいかの通りです。

柴胡剤と呼ばれるグループの漢方を中心に、加味逍遥散や抑肝散、柴胡加竜骨牡蛎湯、四逆散など。

・気力低下・性欲の低下・倦怠感など
漢方では腎虚の状態にあるという考えから、エネルギーを補うために以下の漢方薬が処方されます。

補腎材と呼ばれるグループの漢方を中心に、八味地黄丸や六味丸、牛車腎気丸など。

・体力の低下や消化機能、免疫力の低下など。
具体的には食欲低下や胃腸虚弱、疲れやすいといった症状。

漢方では水の停滞から気が低下する「脾虚」の状態だと考えられています。

脾の回復を目的とした方剤と呼ばれるグループの漢方を中心に、大建中湯や補中益気湯、人参湯や人参栄養湯、十全大補湯、六君子湯などが用いられます。

投稿日:

更年期サプリ おすすめ TOP

Copyright© 更年期サプリ改善ガイド【ダルナシ】 , 2019 All Rights Reserved.